トップページ > 講座・イベントの様子 > 平成29年度鹿児島県図書館大会報告

平成29年度鹿児島県図書館大会報告

平成29年度鹿児島県図書館大会(報告)

ああ県下の読書活動を推進するために,公共図書館や学校図書館の関係者を中心に,読書活動

 に関わる県民が一堂に会し,連携を深め,図書館が発揮すべき力についてともに,考えるこ

 とを趣旨として,本年度も鹿児島県図書館大会を開催しました。

ああ「時代が求める図書館の在り方」のテーマのもと,基調提案や分科会を行い,参加者相互

 の研修を深めました。また,京都ノートルダム女子大学の岩崎 れい 教授を講師にお迎え

 し,講演を行いました。

1 大会テーマ

あああ時代が求める図書館の在り方

 

2 日 時

あああ平成29年11月15日(水) 午前10時から午後4時まで

 

3 会 場

あああかごしま県民交流センター  県民ホールほか

 

4 主 催

あああ鹿児島県教育委員会

 

5 共 催

あああ鹿児島県図書館協会 鹿児島県学校図書館協議会

 

a 主な内容

(1)表彰

ああああ子どもの読書活動推進優良図書館等表彰,全国優良読書グループ表彰,優良読書グ

   ループ表彰,公共図書館(室)永年勤続者表彰,学校図書館(室)功労者表彰を行い

   ました。

 

(2)基調提案

ああああ県図書館協会と県学校図書館協議会の調査結果をもとに,本県の図書館をめぐる現

   状と課題を示し,今後取り組むべき視点や方向性を提案しました。

 

(3)分科会

ああああ「学習・情報センター部会」「読書センター部会」「図書館利用促進部会」「親子

   読書部会」「ボランティア活動部会」の5つの分科会では,それぞれ2団体からの事

   例発表の後,活発な意見交換が行われました。参加者は自らの課題に応じた分科会に

   参加し,今後の実践につながる分科会となりました。

(4)講演

ああああ演 題  「子どもの読書・学習の支援における図書館職員の専門性」

ああああ講 師  京都ノートルダム女子大学 人間文化学部 人間文化学科

         教授 岩崎 れい 氏

ああああ図書館職員に求められる高度な専門性の重要性について,写真や豊富な資料をもと

   に講演され,参加者に深い感銘や多くの示唆を与えてくださいました。

 



(教育長あいさつ) (岩崎教授の講演)
(基調提案) (分科会の様子)
ページの先頭へ戻る