トップページ > 新着情報 > 平成30年度「子ども読書活動推進スキルアップ研修会」(鹿児島会場)が終了しました。

平成30年度「子ども読書活動推進スキルアップ研修会」(鹿児島会場)が終了しました。

 

 

 

平成30年度「子ども読書活動推進スキルアップ研修会」(鹿児島会場)を,9月12日(水)に日置市中央公民館で行い,166人の参加がありました。
 


1 内容

(1) 開会行事

(2) 県の読書活動推進概要説明

(3) 講演

ああ    演題 「自ら本に手を伸ばす子どもを育てるために」

ああああ講師 鹿児島大学学術研究院 法文教育学域教育学系准教授  原田 義則 氏

(4) 実践事例発表

ああ・ 鹿児島市立南小学校読み聞かせボランティア「やかまし村」 

   ・ いちき串木野市立串木野小学校読み聞かせグループ「花さき山」

   ・ 日置市立上市来小学校

(5) 質疑応答及び意見交換

(6) ワークショップ

ああ・ ビブリオバトル   ・ お話会  ・ ミニ絵本製作

(7) 閉会行事

 

 

2 当日の様子(内容から一部抜粋)

(1) 開会式               (2) 講演

  【日置市教育委員会教育長挨拶】      【原田義則准教授の講演】

 

(3) 実践事例発表

【鹿児島市立南小学校PTA「やかまし村」 【串木野小読み聞かせグループ「花さき山」】

 

 

                      (4) ワークショップ

【日置市立上市来小学校】 【ビブリオバトル】

 

 

【お話会 【ミニ絵本製作】

 

 

3 参加者の感想

 ・ 原田先生の御講演を拝聴し,絵本の可能性,読み聞かせの効果など改めて勉強になりま

  した。特に,「読み聞かせは母親の『授乳』」というお言葉が印象的でした

 ・ 事例を発表してくださった3団体ともそれぞれの地盤を生かして,精力的に活動されて

  いることに感心しました。

 ・ ビブリオバトル大会を自治体で開催するので,そのノウハウなど大変参考になった。

 ・ お話会に参加しましたが,心がほっこりしました。実際に子供たちにも実演してあげた

  いなと感じました。

 ・ ミニ絵本作りに参加しましたが,本を購入するだけでなく,家族で作ってみるのも面白

  いと思いました。

 ・ 本を好きな子供たちを育てるのは,大人の責任だと感じた。その役割を担っていること

  を感じながらボランティア活動を続けたい。 

 

 今年度の「子ども読書活動推進スキルアップ研修会」は,8月の熊毛会場が台風のため中止となりましたが,鹿児島地区での実施は県図書館協会鹿児島支部,日置市教育委員会の御協力のおかげで大盛況のうちに終えることができました。来年度からは第3次鹿児島子ども読書推進計画の成果と課題を元に第4次鹿児島子供読書推進計画を踏襲した取組を鹿児島県全体で推進してまいります。
 

ページの先頭へ戻る