蔵書検索 利用の手引き


- Menu -

1. 対応ブラウザ
   
2. 画面の流れ
   
3. 検索方法
 3-1 検索画面
 3-2 検索値の指定方法
   
4. 検索結果 




1.対応ブラウザ

この蔵書検索はフレーム表示に対応したブラウザを推奨し、以下のブラウザにて動作確認を行っております。

      Internet Exproler 11
      Microsoft Edge
      Firefox 49.0
      Google Chrome 52.0



2.画面の流れ

この蔵書検索は以下のような画面の流れになっています。 

「検索画面」 → 「検索結果(一覧表示)」 → 「詳細情報」
(検索結果を再度表示したい場合は、ブラウザの「戻る」機能を使用してください) 

検索画面、検索結果一覧表示、詳細情報



3.検索方法

3-1.検索画面

検索画面は「簡易検索画面」と「詳細検索画面」と「フリーワード検索画面」の3種類あります。

検索画面

 
簡易検索 書名、著者名、出版者、資料の種類で検索
詳細検索 書名、著者名、出版者、件名、内容細目、雑誌記事、分類、ISBN/ISSN、タイトルコード、資料番号、請求記号、資料の種類、出版年、言語で検索
フリーワード検索 フリーワードで検索


3-2.検索値の指定方法

検索値入力欄に検索値を入力し、検索ボタンを押すと検索できます。
検索語は漢字、ひらがな、カタカナ、英字のいずれも入力可能です。
英字は小文字、大文字のどちらも入力可能です。英字はデータベース中のデータの小文字、大文字に関係なくヒットします。
例: 検索語に"sports"を入力した場合、データベース中の「sports」、「SPORTS」、「Sports」のいずれもヒットします。
検索語は基本的に部分一致で検索しますが、前方一致、完全一致を指定することも可能です。
 
  [指定方法]
 

検索値の指定方法

 
検索語は入力欄に複数入力可能です。
  [AND、OR指定方法]
 

検索値の指定方法



4.検索結果

検索結果はヒットしたデータを一覧形式で表示します。
一覧形式のデータのタイトル部分をクリックすると、さらに詳細な情報を表示します。
 

検索結果