トップページ > 新着情報 > 平成30年度図書館「総合」講座を開催しました!

平成30年度図書館「総合」講座を開催しました!

5月16日(水)と17日(木)の2日間,公立図書館(室)関係職員を対象にした平成30年度図書館「総合」講座を開催しました。

事例発表では,枕崎市立図書館の取組を朝田館長に発表していただきました。受講者からは,「地域の実態や利用者のニーズに合わせた取組が素晴らしい。」「子どもたちへの働きかけも大切だが,高齢者への働きかけも大切だ。」「枕崎市立図書館のように,自館でも地域の方々のニーズを考慮して話し合ってみたい。」等の意見が出され,非常に参考になった様子でした。

また,一斉に行う講義や実習だけでなく,選択制を取り入れた講義・実習等も行いました。実践コースの「アニマシオン」の講義は,指宿市立山川図書館の久川館長を講師に迎えました。「準備等大変だというイメージだったが,絵本一冊から気軽にできるものだと分かった。」「これまで難しく考えすぎていたが,これなら自分にもできるかな,やってみようかな,と思えた。」等,受講者からこれからの実践に役立てたいという思いが伝わってきました。

枕崎市立図書館の事例発表 アニマシオンの講義

 

ほかにも,「公立図書館の役割と第3次鹿児島県こども読書活動推進計画」,「著作権」及び「図書館の危機管理」などの講義や,「児童サービスの在り方」,「破本修理」,「ビブリオバトル」,「ブックトーク」及び「レファレンスの在り方」等選択制の講義を実施しました。

受講者からは,「座学だけでなく,グループワークや実習も組み込まれておりよかった。」,「他の図書館の方と情報交換をすることができてよかった。」「これからの図書館業務に生かしていきたい。」等,受講者から多くの感想が寄せられました。

破本修理の実習 グループワークの様子

 

ページの先頭へ戻る