トップページ > お知らせトップ > 講座・イベントの様子 > 令和元年度「あまみならでは学舎」6回目を行いました。

令和元年度「あまみならでは学舎」6回目を行いました。

 シマユムタ伝える会 会員 鈴木 るり子 氏を講師に迎え,「シマの行事食(正月)」と題してお話をしていただきました。約60名が受講しました。

 受講者から,「シマの文化を教えてくださる方々が少なくなる中で,今日は貴重なお話をきかせていただきました。私も娘や若い方々にシマの文化の意味を伝えていきたいと思いました」「古き良き時代の正月準備の風景,亡き母の思いを改めて感じ,胸が熱くなりました。」等の感想をいただきました。

 シマ口交じりで話された鈴木さんの講演は,これからの若い世代に残したい「シマの心」を感じるあっという間の1時間30分でした。

 

 【6回目講座】

 

 

【7回目の御案内〈今年度最終講座)】

 日時:118日(土) 午後2時から午後3時30分まで

 講師:瀬戸内町教育委員会 社会教育課 学芸員 鼎 丈太郎(かなえ じょうたろう)

 内容:「近代遺跡を活かした郷土教育」                         

 ※ 受講に当たり配慮や支援が必要な方は,お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る