トップページ > 講座・イベントの様子 > 令和元年度学校図書館「幼稚園・小学校」講座を開催しました!

令和元年度学校図書館「幼稚園・小学校」講座を開催しました!

   〇7月24日(水)から26日(金)までの3日間,県内の幼稚園職員,小学校の学校図書館関係職員を対象にした令和元年度学校図書館「幼稚園・小学校」講座を開催しました。

事例発表では,平成30年度子供の読書活動優秀実践校として文部科学大臣賞を受賞した霧島市立青葉小学校の櫻木先生と司書の久保田さんに,「学校図書館を利活用した授業の展開」について発表していただきました。学校全体での取組に,受講者の皆さんは「どんなことに取り組んでいるか聞くことで,自分にできることを考えるきっかけとなった。教科等においても図書館を活用していきたい。」「実践的な話が盛りだくさんで,学校に戻ったら先生方に伝えたいことがたくさんあった。」等,感想をもたれたようです。

 2日目の講義では鹿児島大学の原田准教授に「授業等における学校図書館の利活用について」と題して,具体的な教材を取り上げながら御講義いただきました。「とても楽しく学べた。」「新たな図書館活用の仕方についてよい機会となった。授業時数や時間が足りなくて,図書館を利用したり,本に親しませたりするのは難しいと思っていたが,教師のやり方次第でチャンスは作れるのだとワクワクしてきた。」等の感想があり,新学習指導要領に示されている「図書館の利活用」について深く考える時間となりました。

 3日目の「図書館運営の方法と実際」では,鹿児島市立宮小学校司書の稲冨さんに宮小学校での事例を紹介していただいた後,それぞれテーマを決めて,学校現場ですぐに使え,設営物にもなる「ブックリスト」を作成しました。受講者の皆さんからは,「子どもの目線に立って,いかに図書館を運営していくのか,宮小学校で実践されていることをまねさせてもらいながら取り組んでいきたいと思う。」「子どもたちがワクワク,ドキドキする場所になるよう,教員間でも,また司書ともいろいろ語っていきたい。」等,感想がありました。

  霧島市立青葉小学校の事例発表 

講義「授業等における学校図書館の

                利活用について」

 

実習「図書館運営の方法と実際」

 

 

 

 そのほか,「アニマシオンの方法と実際」や「お話会,読み聞かせの方法と実際」など,実践に役立つ講座を開催しました。

 「アニマシオンの方法と実際」では,指宿市立山川図書館の久川館長を講師として楽しく学ぶことができました。多くの実践を交えながらのお話に,受講者の皆さんからは「すぐに実践できることから,準備が必要なものまで教えていただきワクワクしながら,『すぐにやりたい!』と思うことばかりだった。」「具体的に子どもたちの前でどう行えばよいのかを分かりやすく教えていただき,とても勉強になった。」など,多くの感想をいただきました。

 「お話会,読み聞かせの方法と実際」では,鹿児島県立図書館ボランティアさざなみの鳥羽さんを講師にお招きしました。鳥羽さんの実践に基づいた読み聞かせのあと,受講者自ら読み聞かせを体験。その中で,具体的に指導をしていただたことで,「読み聞かせの大事なポイントや,絵本のよさにふれることができた。」「読み聞かせについて具体的に知ることができ,内容的にとても勉強になった。」などの感想がありました。

 ほかにも,「ビブリオバトル」や「ブックトーク」などの実践を交えた講義や情報交換などもあり,受講者の皆さんからは「具体例をたくさん知ることで,本校でもできそうなことをたくさん学ぶことができた。」「とても楽しく学ぶことができた。2学期から早速,取り組んでみたい。」等の感想をいただき,盛況のうちに閉講しました。

実習「アニマシオンの方法と実際」

 

実習「お話会,読み聞かせの方法と実際」

 

実習「ビブリオバトルの方法と実際」 情報交換「図書館運営上の課題と改善策」

 

ページの先頭へ戻る