お知らせ


令和4年度図書館講座

 

11月20日(日)に知名町中央公民館で,「令和4年度図書館講座」が行われました。お休みの日に関わらず,12名の方が参加されました。

 

読み聞かせの様子1

 

まず,「読み聞かせの基本」「読み聞かせの大切さ」の講義の後に,実習を行いました。そして,参加された方々は,講義で学んだことをもとに選書を行い,ペアやグループを作ってお互いに読み聞かせを行いました。

 

 

「絵本の読み聞かせの大切さを改めて感じた」「この経験を同年代の方々や地域に活かしていきたい」などの感想をいただきました。

 

 

これからも,大島群島の読書活動推進のために,互いに手を取り合い,一緒に取り組んでいきましょう。

参加された皆さん,ありがとうございました。

 

 

 

お知らせ

令和4年度海音寺潮五郎記念文化講演会(サテライト会場)

 

10月15日(土)に県民交流センターで海音寺潮五郎記念文化講演会が行われました。

 

 

 

甲南高等学校の放送部による海音寺潮五郎作品の『中国英傑伝』(「鴻門の会」「垓下の戦い」)の朗読や直木賞受賞作家の澤田瞳子氏による,「歴史を物語る」という演題で講話が行われ,オンライン中継により奄美図書館で聞くことができました。

まず,高校生の朗読では,目の前に情景が浮かぶようでした。朗読と音読の違いを感じました。

また,澤田瞳子先生は,「歴史小説」と「時代小説」の違いや,さまざまな時代における「歴史小説の流行」など,今まで考えたことのないような視点で話してくださいました。これから,歴史小説の本を読むときにさらに楽しく感じられる機会となりました。鹿児島会場にいらっしゃる参加者の質問にも,気さくに答えてくださり,先生のお人柄が感じられました。

奄美会場の参加者からは,「藤沢周平作品が好きで,歴史小説が人気となった時代の背景などを知ることができ,よい機会になった」や「オンラインで,奄美で他の作家の方の話も聞いてみたい」との感想がありました。

澤田先生の本や先生が紹介してくださった本も,奄美図書館には所蔵しております。当館にない場合は,他館より取り寄せをすることもできます。どうぞ,お問い合わせください。

「読書の秋」の一冊として,いかがでしょうか。

 

お知らせ

第5回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

10月8日(土)に、第5回「あまみならでは学舎」を開催しました。

県立奄美高等学校 郷土芸能部のみなさんを講師に迎え,「高校生が考える奄美の島唄歴史」と題してご講話いただきました。

シマ唄の歴史や朝花節の奄美北部(かさん節・かさん唄)と奄美南部(ひぎゃ節・ひぎゃ唄)の違いについて実演も交えて説明してくださいました。

また、会場のみなさんで三線やチヂンの音に合わせて八月踊りや六調を踊り、大変盛り上がりました。

これからも奄美の伝統芸能を引き継いでいきたいという県立奄美高等学校 郷土芸能部のみなさんの熱い思いに感動した「あまみならでは学舎」となりました。

 
お知らせ

第4回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

8月27日(土)に、第4回「あまみならでは学舎」を開催しました。

株式会社COCORO代表取締役 新元 淳平さんを講師に迎え,「愛され続ける奄美黒糖焼酎」と題してご講話いただきました。

酒類の基礎知識や焼酎の歴史、分類、特性などの解説を交え、奄美黒糖焼酎の魅力について語ってくださいました。また、4種類の黒糖焼酎の香りだけで銘柄を当てる「香りの利き酒」も行われました。

お知らせ

第30回読書指導者等研修会 

 

 7月28日(木)に伊仙町のほーらい館で,第30回読書指導者等研修会が「コロナ禍こそ読書!どうすれば手に本を!?」というテーマの元に行われました。

 まず,伊仙町中央公民館図書室の富山勇生館長が,コロナの中でも「読書」をする環境づくりを行ったことなどの発表を行いました。館長が熱く,楽しく,利用者の方々のために実践されていることが伝わってきました。

富山館長の発表

 

 

 次に,待ちよみ絵本講師の内田早苗氏を招いて,「読書の深みと喜びを絵本を読むことで実感しよう」という演題でお話をしていただきました。目の前にいる子どもたちにどのように本との出会いをもたせるのかなどについて,絵本を交えて話されました。時間を過ぎても,まだまだ先生のお話を聞いていたくなるくらい,魅力的な講演でした。

 

内田早苗氏講演

 

 そして,この日は計画していたグループ協議がコロナウィルス感染対策のため変更となり,パネルディスカッションを行いました。参加された方の中には,自分たちの抱えた課題を話し合う場がなくなり,残念な思いの方もいらっしゃったと思います。

 

 だからこそ,ここの場で得た学びやつながりを深めていくことが大切だと考えます。これからも,大島群島の読書活動推進のために,互いに手を取り合い,一緒に取り組んでいきましょう。

新着
お知らせ

第3回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

7月9日(土)に、第3回「あまみならでは学舎」を開催しました。

奄美いんまや動物病院 伊藤 圭子先生を講師に迎え,「ケガした野生動物を見つけたら?」と題してお話をしていただきました。

自分が野生動物に遭遇した時、どのような行動をとればよいのかについてご講話いただきました。また、現在保護しているハヤブサも紹介してくださいました。

お知らせ

「親子読書研修会」

 

7月3日に鹿児島県立図書館(鹿児島市)で,「親子読書研修会」が行われました。奄美図書館では,4階の研修室をサテライト会場としてオンラインで中継しました。

 

講演会の様子

 

 

まず,吉野小学校の親子読書会の取組の発表や串良小学校の実演などが行われ,親子読書の進め方や親子読書活動の在り方を知る1つのきっかけとなりました。

次に,講演会では村上さんが絵本を書かれるようになったきっかけや「子どもに寄り添った,子どもが楽しめる本」の大切さについてお話をされました。

 

講演会の様子

 

子どもたちが,楽しい気持ちや心の支えになるような,多くの本に出合える図書館でありたいです。

 

お知らせ

第2回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

6月11日(土)に、第2回「あまみならでは学舎」を開催しました。

奄美市立奄美博物館長 久 伸博さんを講師に迎え,「奄美の歴史と文化」~シマのコミュニティーの再生を願って~と題してお話をしていただきました。

これまでの奄美の歴史や文化の概要、奄美の風景・文化の変化、そしてそれに伴う今後の課題等についてご講話いただきました。

お知らせ

「お母さんとお父さんのための読み聞かせ教室」を開催しました!

 

5月15日(日)に,「お母さんとお父さんのための読み聞かせ教室」を開催しました。

あまみ子どもライブラリーの 嘉原 カヲリさんを講師に迎え,大型絵本や手遊び歌を交えながら読み聞かせを行いました。

 

 

本を読んでもらう子どもたちの笑顔が輝いていました。

 

 

県立図書館には,「にじいろのほん」という大人になるまでに読んでほしい本やそのリストが展示されています。

この機会に,一緒に本を読んでみませんか。

 

 

 

 

 

 

お知らせ

第1回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

5月14日(土)に、第1回「あまみならでは学舎」を開催しました。

一般社団法人巡めぐる恵めぐる代表理事 新元 一文さんを講師に迎え,「古い知恵を学び、今の暮らしをアップデートしよう」と題してお話をしていただきました。

 

奄美の自然や文化を強みとして、シマを創り発信していくことの大切さ、シマ唄を通してシマの心を発信していくことの重要性などについてご講話いただきました。

 

お知らせ

「本もともだちおはなし会」を開催しました!

 

 4月17日(日)に「本もともだちおはなし会」を開催しました。

 一日図書館長のあいさつの後,「はじまるよ はじまるよ」の手遊び歌から始まりました。

 一日図書館長の読み聞かせやこぐまちゃんさん、当館職員によるペープサート・エプロンシアター・大型絵本・手遊び歌等が行われました。

 たくさんのお話や歌で,参加された皆さんの笑顔の輪が広がりました。

 終わりはみんなで「さよなら あんころもち」を歌いました。

 

  

お知らせ

「一日図書館長」に就任しました!
 

4月17日(日)に3名の児童生徒のみなさんが「一日図書館長」に就任しました。館長室での 任命式の後,「本もともだちおはなし会」に参加しました。開会のあいさつの後,手遊び歌や大型絵本の読み聞かせをしました。その後は館内の巡視やカウンター体験を実施しました。また、「子ども読書週間」企画展に合わせ,お薦めの本を紹介してもらいました。

 

お知らせ

第6回「あまみならでは学舎」を開催しました!

 

12月18日(土)に、第6回「あまみならでは学舎」を開催しました。

県立大島高等学校 新聞部のみなさんを講師に迎え,「高校生記者が見つめる奄美の歴史と文化」と題してお話をしていただきました。

「大高ジャーナル」ができるまでの、取材の様子や新聞部の活動の様子等について紹介していただきました。

県立大島高等学校新聞部のみなさんの素晴らしい取り組みに胸が熱くなりました。

次回「大高ジャーナル」は、1月に発行されるようです。

いまから、とても楽しみです!

大島高等学校の新聞部のみなさん、そして、顧問の先生、感動の時間をありがとうございました!!

 

 

お知らせ

奄美の森のおともだちコーナー第4弾!

 

今回は,ハロウエルアマガエルの登場です。

みどりいろのなんとも愛きょうのあるかわいいカエルの姿に癒やされますよ。

ぜひ、図書館に見に来てね!

カエル関連の絵本も揃えてあります!

 

 

令和2年度「心も体もイキイキ!音読教室」

令和2年度「心も体もイキイキ!音読教室」を開催しました。

 

 昨年度から奄美図書館では、65歳以上の方を対象とした「心も体もイキイキ!音読教室」を行っています。毎回、日本文学や古典,童謡などをテキストに、参加者全員で声を出して楽しんでいます。

 

 音読には、脳の活性化を促し、口やのどの筋肉を鍛えるなどの効果が期待されています。当館でも大変ご好評をいただき、回を重ねるごとに多くの参加希望がありました。今年度は7月から12月に5回開催して合計で62名に参加いただき、終了しました。

 

 参加者からは、「毎回いろいろなジャンルの文を音読することができて楽しみ」「みんなと一緒に声を出すと心地よい」「ぜひ来年度も参加したい」などの感想をいただきました。

 

 

 奄美図書館2階の医療・福祉支援コーナーには、自宅でも音読を楽しみたいという方のために、音読に関する本がそろえてあります。こちらもぜひご利用ください。

 

 

 令和2年プログラム   

  7/3  9/4  10/2  11/6  12/4