トップページ > 新着情報 > 県内の読書活動について ~親子読書研究誌「さざなみ」第51号~

県内の読書活動について ~親子読書研究誌「さざなみ」第51号~

  s昭和35年に提唱された「親子20分読書運動」。全国の親子読書運動の先駆けとなった鹿児島県では,たくさんの方々が親子読書に関わってこられました。コロナ禍にあってもその活動は絶えることなく,各地域にしっかりと根付き,子供と大人が豊かな時間を共有しています。

 県立図書館が読書推進のための研究誌として発行しております「親子読書研究誌『さざなみ』」の51号をお届けします。今年度は,親子読書研修会や読書活動推進スキルアップ研修会が中止となりましたが,本誌のために多くの団体・個人から御寄稿いただきました。心より御礼を申し上げます。

 本誌を活用し,今後も親と子の絆を深め,豊かな読書の世界を子どもたちに提供していただければと思います。

〇 掲載内容

 「さざなみ」表紙  巻頭言 

Ⅰ 本県における読書活動の推進

 1_本県の親子読書活動推進の経緯  2_「おやこ一冊読書」の概要

 3_「おやこ一冊読書」のすすめ ~わがや・わたしの「宝本」~

 

Ⅱ 子ども読書活動推進のための様々な取組

 実践①_さみどり幼稚園 

 実践②_鹿児島女子短期大学附属すみれ幼稚園

 実践③_龍郷町立秋名小学校

 実践④_いちき串木野市立川上小学校

 実践⑤_出水市立出水中学校                                         

 実践⑥_学校法人津曲学園 鹿児島修学館中学校・高等学校

 実践⑦_県立川内高等学校

 実践⑧_県立鹿屋高等学校

 実践⑨_鹿児島市谷山北公民館図書室

 実践⑩_出水市立中央図書館

 実践⑪_大久保 忠宗さん(湧水町)

 実践⑫_ストーリーテリングの会「おはなしの森」(鹿児島市)

 実践⑬_てるてるくらぶ(いちき串木野市)

 実践⑭_オリオン文庫(鹿児島市)

 実践⑮_おはなしグループ紙ふうせん(霧島市)

 

Ⅲ 本県の読書推進活動の状況

 1_令和2年度読書グループ等の結成状況及び所属会員数

 2_本県の読書グループ等一覧

 

Ⅳ 奥付

ページの先頭へ戻る