トップページ > 奄美図書館について > 運営方針等について

運営方針等について

1  運営方針

(1)  図書館資料の収集・整理・保存を行うとともに,質の高い資料や情報を提供することを通して,奄美地12市町村


図書館活動の支援を行い,住民の直接的利用に対応する拠点図書館としての機能を果たします。


(2)  郷土コーナーや島尾敏雄記念室の充実に努めます。


(3)  奄美地域における生涯学習を振興する図書館として,人づくり・地域づくりに貢献します。


(4)  放送大学との連携を深めます



2  努力点

(1)  県民のニーズに対応した資料の収集・整理・保存・公開に努めます。


(2)  参考図書・資料の整備に努め,調査・相談業務の効率化と充実を図ります


(3)  県子ども読書活動推進計画の趣旨を踏まえ,学校・地域における親子読書会・各種読書団体等の育成,支援に努


ます。


(4)  県図書館協会奄美支部と連携しながら,市町村立図書館(室)の運営の支援を図ります。


(5)  市町村立図書館(室)や学校図書館(室)と連携し,館種を超えたネットワークの充実を図り,資料や情報の円滑な流


通に努めます。


(6)  職員及び市町村立図書館(室)・学校図書館関係職員,親子読書関係者等の資質の向上を図るため,研修会等の


実に努めます。


(7)  住民参加型の図書館活動を目指し,地域のボランティアの育成に努めます。


(8)  文化団体等との連携・協力を図りながら,島尾敏雄関連資料,郷土資料,琉球弧資料の収集・整備に努めるととも


に,郷土文化の理解と継承に資するため,その展示・活用に努めます。


(9)  奄美群島世界自然遺産登録に向けて,当該候補地における情報発信基地としての役割を果たすため,世界遺産や


美の自然,自然との共生や環境等に関わる資料の収集・展示に努めます。


(10) 地域に根ざした特色ある生涯学習講座の企画・実施に努めます。


(11)  放送大学鹿児島学習センターと連携して,放送大学学習室の機能充実に努めます。

ページの先頭へ戻る